秋分の日(9/23)に向けて:もち米なしで作れる!簡単ミニおはぎのレシピ

もち米がなくても、ふつうのご飯と片栗粉で代用して、おはぎを作ることができます!

秋分の日(9/23)に向けて、子どもたちと一緒にミニおはぎを作るのも楽しいですね♪

※ちなみに「秋分の日」とは、太陽が真東から出て真西に沈む日。
昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。(春分の日も同じ)

そして、その前後3日間を加えた計7日間を「お彼岸」といいます。2019年のお彼岸は、9月20日〜26日です。

子どもたちには、「秋分の日は『ご先祖さまにありがとう』の日だよ。悪いものを追い払う効果があると言われている小豆を使った『おはぎ』を食べる習慣があるよ。』と、簡単に要点を伝えています。

 

材料メモ:

  • 温かいご飯 茶碗1杯くらい
  • 片栗粉 小1
  • 水 小1
  • 砂糖 小1
  • お好みのトッピング(今回は、炒りごま、抹茶、あんこ、きな粉、桜でんぶを使用)

 

作り方メモ:

  1. トッピングを準備する(ほとんど100円ショップで買いました。)
  2. 抹茶ときな粉には、粉と同じくらいの砂糖を足す。他はそのまま使用。
  3. 温かいご飯に片栗粉、水、砂糖を入れる。※お米の水分量によって微調整してください。(砂糖はお好みで。うちは甘い方がいいので入れています。)
  4. このように、均一になるまで混ぜる。
  5. 軽くラップをかけ、600Wレンジで1分ほどちんする。
  6. 火傷に注意して取り出し、熱いうちによく混ぜる。粒の残り具合はお好みで。
  7. 手を水でぬらして、ミニサイズに丸める。
  8. トッピングをつける。
  9. あんこのおはぎは、水をつけた手にあんこを広げ、その上に少し小さめに丸めたご飯をのせて包む。
  10. 四角に切ったクッキングシートの上に置くと、移動させたり食べたりする時に楽です。
  11. 緑茶がよく合います〜♪(注意:抹茶&桜でんぶは、時間が経つと水分が出てくることがあります。)

 

保存保存

保存保存

保存保存