2019年9月13日は「十五夜」☆お月見団子のオススメレシピ9選

 

 

 

「中秋の名月(十五夜)」とは?

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことです。(昔は7,8,9月が秋で、その真ん中の8月だから中秋)

「中秋の名月」=「十五夜の月」は、農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることも。詳しくは国立天文台のページで解説されています。


2019年の「中秋の名月(十五夜)」は、9月13日(金)。実際の満月は9月14日(土)です。(「十三夜」は、2019年10月11日(金))


ちなみに、、、9/14に見られる満月は、今年最小の満月です。詳しくは国立天文台の特集ページで解説されています。

 

 

「十三夜」とは?

「十三夜」とは、太陰太陽暦の9月13日の夜の月を愛でる習慣です。「豆名月」や「栗名月」の名称で知られています。

新月から数えて13日目の月なので満月ではありませんが、昔から「十三夜に曇りなし」と言い伝えられるほど晴れる日が多いそうです。


2019年の「十三夜」は、10月11日(金)です。


 

ススキやお月見だんごを飾る理由

子供にも分かるように説明↓

ススキを飾るのは、悪いことを追い払ってくれる(魔除け効果がある)と言われているから。稲穂に似ていて、食べ物がたくさんできますようにと願って(豊作の象徴)飾られることが多い。

団子をお供えするようになったのも、豊作を願ってのこと。お供えしたお月見団子を食べることにより、健康と幸せを得られるとの言い伝えも!

 

 

お団子オススメレシピ9選

お月見に備えて、過去のレシピから「お団子」に関係するレシピ5選をピックアップ!

王道の白玉だんご(とうふ入り)↓

とうふ入りみたらし団子を作ってみた!

 

お供えする時には純白のお餅を。食べる時にはタレをつけて♪

【12/2(火)放送】 みたらしだんごと手作りほうじ茶

 

あんこ入りもいいですね〜。

へそもちを茹でて作ってみた!

 

桜の塩漬けがあれば、おしゃれな雰囲気に♪

さくらのお花見だんご[2018.4.2]と桜茶(桜湯)を作ってみた!

 

団子の粉がなくても、ジャガイモで「いももち」ができます!

北海道の郷土料理:チーズ入りいも団子[2018.2.6]

 

最近のレシピでは、かぼちゃ団子もありましたね!

ひとりでできるかな?!アユ編:モチモチかぼちゃ団子[2019.9.9]

 

コウケンテツさんと一緒に作った、三色白玉団子もいいですね!

コウケンテツさんの「フルーツの3色白玉」[2019.8.29]

 

 

 

現代風(?)にフルーツポンチに入れてもgood!

白玉フルーツポンチを作ってみた!

 

手作りあんを一緒に添えて♪

【7/2(水)放送】そらまめあん(おやつ)