パンプキン・チーズケーキ・バーを作ってみた!

パンプキン・チーズケーキ・バー[2017.10.16]を、生クリームの代わりに豆乳で作ってみました!

クッキングシートでキャンディ包みをし、折り紙を縦4等分したものを巻いてあります。クッキングシートで包んであると、フォークがなくても食べられるので便利です。

お皿に出すとこんな感じ↓

思った以上に鮮やかなオレンジ!ほろ苦いクランチ部分もgoodでした。ハロウィンパーティーで、もう一回作ろうかな〜♪

 

ちなみに、、、
我が家のチーズケーキのクランチ部分(タルトみたいな部分)は、森永のチョイスを使用することが多いです。(森永のムーンライトmoonlightだと、よりカリッと仕上がります)

袋を破かないように注意して、もんでつぶして使います。

あとは、普通に溶かしバターを混ぜて敷き詰めています。このクッキーを使ったクランチは、サクサクしていて本当に美味しいです。このクランチ部分だけでもいいくらい(笑)

そして、、、

ほどよい大きさの耐熱皿がなかったので、クッキングシートで手作りしました。

こんな感じ。これでも少し大きすぎましたが。。。。

ミキサーもなかったので、ハンディブレンダーを使用。かぼちゃの水分が少なかったので、先に少し豆乳を足してブレンドしました。その他の手順は問題なくできました。

混ぜ終わったら、上から何回かトントンって布巾の上に落としつけて気泡を潰します。これがなめらなになるポイント。

そして、焼く直前にクランチの上に流し入れると、クランチのサクサク感が失われにくいです。


番外編:

我が家はどうしていつも豆乳なのか?それは、栄養のためだけではありません。混ぜ込んでしまえばそんなに風味が変わらないのに、カロリーがとても違うからです。

今回使う分量(100g)のカロリーは、クリーム(乳脂肪)を使った場合は433kcalに対して、豆乳を使うと46kcal。(参照:新食品成分表)

パパは、クリーム使用の方がいいと言いますが、私は豆乳を使った方がアッサリしていて好きです(^^)。子どもたちは、、、あんまり気にしていないみたい(笑)甘ければ文句なしという感じです。

でも1点、注意があります。クセの強い濃厚な豆乳を使うと、豆腐の味がする〜!ってなることがあるので、飲み慣れた成分無調整豆乳を使うのがオススメです。


レシピはこちら↓

パンプキン・チーズケーキ・バー[2017.10.16]

 

保存保存

保存保存