バナナプリンの作り方〜ポイント3つ〜

バナナプリン[2017.4.17]を作ってみました!

まろやかな口当たり、シンプルな材料から醸し出される贅沢さ。森の中のオーガニックレストランでデザートに出てきそうなプリンでした。作るには、ちょっとしたコツがいります。(この写真は固めるのに成功した、2回目のものです。。。)1回目の振り返りと、記事の最後に成功のポイント3つをまとめてみました。

 

〜苦労&失敗した1回目〜

バナナ2本といっても、大きさはまちまち。

2本(実の部分の重さ140g)で分量通り作ったら、固まりませんでした(>_<)

レンジ600Wで2分チンした段階で、少し干からびている状態だったので、それがいけなかったのかなぁ。(バナナの分量が少なすぎたのかなぁ。)

一晩置いても、どろっとしたスムージー状態。味は良かったのでそのまま飲みました(笑)

他のレシピを参考にしてみると、どうやらバナナはシュガースポットがたくさん出ている、熟した物を使う必要があるとのこと。(うちにあったバナナ、シュガースポットがちょっとだけ出ている程度でした。)その加熱したバナナのペクチンと、牛乳(成分無調整)のカルシウムが反応して固まるらしいです。レモン汁も入れるといいらしい。。。

キャラメルクリームは、チョコ味も足したい息子の提案で、2回目はチョコボール(キョロちゃん)のキャラメル味を使うことに。

再挑戦!
以下の分量で作ると、うまくできました!!

材料メモ:

  • バナナ 270g
  • 牛乳 200cc
  • 砂糖 大1
  • レモン汁 小1
  • ☆チョコボール(キャラメル味)2箱
  • ☆牛乳 100cc
  • ホイップクリーム

作り方メモ:

  1. バナナの皮をむき、耐熱皿に入れてラップをしてレンジで2分チン。
  2. 牛乳と1のバナナと砂糖、レモン汁を、ブレンダーでよく混ぜる。(ハンディブレンダーを使用)
  3. 少し水で濡らした型に流し込み、一晩冷やす。
  4. 鍋に☆を入れて弱火にかけ、絶えず混ぜながらキャラメルチョコを溶かすと、クリーム完成。これは常温でおいておく。
  5. 型から出し、ホイップクリームとキャラメルチョコクリームで盛り付けて完成~。
成功のポイント3つ
  1. バナナは、シュガースポットがたくさん出ていて、かつ痛んでいない完熟のものを使用する。
  2. レンジでチンするときは、様子を見ながら慎重に。(汁が出るまでよく熱するのが大事だけど、干からびるまで熱しないように注意)
  3. 成分無調整の牛乳と一緒に、ブレンダーでよ〜〜く混ぜてペクチンとカルシウムをちゃんと反応させる。(レモン汁を少量入れると風味up)

 

元のレシピはこちら↓

バナナプリン[2017.4.17]

↓使った後の牛乳パックは、工作に使えますよ〜♪

簡単な牛乳パック工作 21選!作り方や型紙あり

 

3色食品群一覧表と基礎食品群6つ

 

保存保存

保存保存

保存保存